宮崎じどっこの生産直売しています

 

その昔、美味しい地鶏を当時の地頭職に献上していたことが名前の由来とされる、 天然記念物「地頭鶏」を原種鶏として、宮崎県畜産試験場川南支場で交雑種の開発に取り組み、平成10年に交配様式を確立し、平成16年に「みやざき地頭鶏」と名称を定めました。 

オス 4ヶ月、メス 5ヶ月の長い期間、手間暇と愛情をかけて飼育しており、清涼な 空気と雄大な大地の中ですくすく育った「みやざき地頭鶏」は、肉質の弾力とジュワーっとくるうまみと歯ごたえが、十分すぎるほど食を堪能できます。我が農場の「みやざき地頭鶏」は、初生後1ヶ月から放牧場へ放し、太陽の光をいっぱいに浴びながら育ちます。安心してお召し上がりいただけます。ビタミン豊富なニラ与え、時には甘藷を与えており、手間、暇、惜しまずより安全な美味しい「みやざき地頭鶏」の飼育を心がけております。

当加工所で取り扱っている鶏肉は、正真正銘の「みやざき地頭鶏」です。「みやざき地頭鶏普及促進協議会」に認められていることの証明として、みやざき地頭鶏シールが付いています。             《認定番号 MJC-120》是非本物の地頭鶏を皆さんの舌で実感し、味わってみてください!

新着情報